<code id="kamyu"></code>
<sup id="kamyu"><wbr id="kamyu"></wbr></sup>
<tt id="kamyu"><wbr id="kamyu"></wbr></tt>
<tt id="kamyu"><noscript id="kamyu"></noscript></tt>
<samp id="kamyu"><wbr id="kamyu"></wbr></samp>
北京首開野村不動産管理有限公司は、北京首都開発股份有限公司と日本の野村不動産株式會社の共同出資により、 2018年4月8日に設立された日中合弁會社です。
マスタリース
Master Lease
  • 北京発展大廈
    公式サイトへ
    管理エリア:55000㎡
    北京発展大廈は、野村グループと首開集団の共同出資により建設され、日本の株式會社大林組、野村不動産株式會社、北京市建築設計研究院が共同で設計を完成し、1987年4月に著工しました。1990年4月に正式にオープンし、北京市で早期に完成した國際的なインテリジェント?オフィスビルの1つであり、さらには、日中提攜による設計の典範となってきました。 完成初期から、世界各國?地域の北京駐在機関にオフィスルームと國際的な取引情報交換の場を提供してきました?,F在は當社の合弁経営の承継、事業発展の舞臺となってきました、當社は、北京発展大廈の従來業務を引き続き掘り下げ、建物の品質維持管理、顧客サービス管理、専門の管理チームの育成といった面で強力な運営體制を構築しています。また、業界における更に多くの分野で、鋭意進取の気性を持ち、積極的に外部プロジェクトも展開しています。北京発展大廈は當社にとっての運営管理の中核となっております。
プロジェクト情報
Equipment Operation & Maintenance Management
  • 亦創國際コンベンションセンター
    管理エリア:90000㎡
    亦創國際會展中心(亦創國際コンベンションセンター)は、北京経済技術開発區——亦荘核心區に位置し、世界ロボット大會の恒久的會場として、2016年9月に正式にオープンしました?!弗膝ぅē螗?、國際、環境配慮、インテリジェント」をテーマとし、北京南部の展覧?展示施設の空白を埋めました?,F在は、會議、展覧會、展示會およびビジネスサービス機能の敷地面積として約9萬㎡を有します。2018年初、當社は、北人亦創國際會展中心の不動産管理プロジェクトを落札し、主に設備施設の運転?保守管理を擔い、パーク內設備の點検を行っています。
  • 亦創スマートロボット創新園
    管理エリア:52000㎡
    2015年7月に正式に設立された亦創智能機器人創新園は、北京経済技術開発區栄昌東街路6號に位置し、北京市が一元的に計畫を進める亦荘ロボット産業イノベーション拠點の中核區であります。パークの敷地面積は16.24㎡で、主な建物は標準化された生産工場、研究開発向けオフィスビル、総合付屬施設および國際水準の會議センターおよび展示センターであります。當社は、パーク內の設備施設運転?保守管理業務を擔っています。2018年8月、プロジェクト擔當部門の専門技術者が亦創パークのロボット大會の支援業務に參加し、現場設備の安全性を保障するとともに、大會期間中の亦創パーク北區の冷房、給電など、関連設備の安全な運転を確保し、大會の成功をサポートしました。
建築環境管理
Building Environmental Management
  • 嘉銘東楓産業園
    管理エリア:39000㎡
    嘉銘東楓産業園プロジェクトは會社の衛生科が外に開拓する業務で、園區のために清掃の専門技術サービスを提供して、日本式の清掃モード、歐米式の清掃モード、本土の清掃モードを一つにして、大いに発展させます。
不動産管理コンサルティング
Real Estate Management Consulting
  • 兆泰國際センター
    管理面積:170,000㎡
    兆泰國際センターは朝陽門に位置し、朝陽門外大通り及び東二環沿い、交通利便性が優れています。東二環ビジネスエリアとCBD商圏の交わる場所に立地しており、首都の國際交流プラットフォームとして、世界的大手企業と人材資源を集めています。A級オフィスビル?ショッピングセンター?リゾートホテルの揃いにより、多様化業態の基盤を定め、卓越した複合商業施設をつくり設けて參ります。また、シックなデザインで、高知能5 Gカバー、人と自然の調和のとれた空間を作り、高級なビジネスクラブ?多様性の持つ商業エリアなどの施設を備え、兆泰ビジネスの獨特な雰囲気が感じられます。
    2019年11月から、當社の共同運営チームは段階的に現場に入り、たゆまず努力によって引きわ渡す管理?運営の作業を展開しております。
  • 和泓ビル
    管理面積:100,000㎡
    和泓ビルは北京市海淀區學院南路143號に位置し、ビジネス?科學技術のゴールデンロードと呼ばれる中関村南大街及び知恵のゴールデンロードと呼ばれる學院南路の交わる場所にそびえ立ち、地下鉄直結の商業施設があり、絶好の地理的優位性を示しています。階層感と蕓術性に富む外観にユニークな気品をアピールし、周囲の建物から際立たち、中関村エリアに新たなビジネスランドマークとして登場します。ここには國際科學技術金融企業本部、教育科學研究機構及び國家レベルの企業?事業體が大勢揃っており、企業のグローバルな視野と無限のチャンスが広がっていきます。更に、エコを主旋律として、企業専用屋上ガーデン、テラスガーデン及び都市共有の5大テーマ広場を含め、8階建ての立體的緑化が構築され、また、ビジネスにおけるグリーン生態空間をつくるために、文化?エコ?インタラクティブ技術?ビジネス商談を一體化した都市応接ホールが用意されています。
    2022年5月、當社は現場擔當者を派遣し、プロジェクトのコンサルティング?共同運営サービスをスタートして參りました。
  • 楽成センター
    管理面積:113,600㎡
    楽成センターは雙井橋の東北角に位置し、東三環に隣接しています。楽成グループの核心資産として、2棟の國際的A級オフィスビルとショッピングセンターを構え、イメージと品質の優れたランドマーク建築となっています。楽成グループは傘下プロジェクトにおいて、きめ細かいサービス?運営戦略を重視しています。常にユーザーの目線で立ち、「科學技術?環境保護?高効率?持続可能」を主旨として、完備した設備施設と快適な商業雰囲気を作り出して、高品質なスマートオフィス及び豊富な商業施設の提供によって、テナントの要求に満足することを図っています。
    2020年、數多くの世界トップ500企業、有名な上場企業が入居し、物件の品質が新たな段階に進めていきます。
    2022年11月、當社は楽成センターの運営契約を結び、。プロジェクトの品質と管理、サービス水準をさらに向上させるために、コンサルティングと共同運営サービスを展開して參りました。

北京首開野村不動産管理有限公司

Beijing Shokai Nomura Real Estate Management Co., Ltd.

北京市朝陽區東三環北路5號北京発展大廈6階609室

No.5, North Dongsanhuan Road, Chaoyang District, Beijing 100004, China 
Tel:010-6590-8811

QRコード
北京発展ビルwechatの公式アカウントに注目

? 北京首開不動産管理有限會社 代表電話 : 010-6590-8811

京ICP備19026492號-1


111.png 京公網安備 11010502049304號

  • 首頁
  • 聯系電話
  • 返回頂部
  • 久久精品亚洲一区二区三区_岳 好紧好爽再浪一点_出差我被公高潮a片_国产亚洲视频在线播放